« 疲れた一日 | トップページ | いい夫婦の日なのに »

チカちゃんの月命日

今日はチカちゃんの月命日だった。

チカちゃん だんぼちゃんの同級生。高校3年生の夏交通事故で亡くなった。とってもいい子でとってもかわいい美人さんだった。そして頑張り屋さん。だんぼがくじけそうになった時も、本当に力になってくれた大切な友達だった。あれから何回の命日と何十回の月命日が過ぎたんだろか?

すっかり忘れていたけど、今日改めて思い出した。昨日の手術がうまくいったのもチカちゃんが助けてくれたかな?

チカちゃんのお母さん、チカちゃんに似てとてもきれいで素敵な人です。事故にあって病院で緊急手術を受けて大変なときでも子供達のこと気遣ってくれたり、お通夜やお葬式のときもとても気丈に対応してくれたり、その後お宅へ伺ったときもしっかりとして私達のほうが励まされたりして…。本当に強い人だと思っていました。事実そのとおりなんだと思います。

今年の命日にうちの子が伺ったときのこと、「おばさん、泣いてたよ」って聞いて、へんな言い方かもしれないけどちょっとホッとした部分もありました。そしてやっぱり何年たったとしてもずっと忘れることなんか出来ないって。

お誕生日が来るたびに、生きていたらきっと今はこうだっただろうとかああなっているんだろうとか思いながらずっといくんでしょうね。

突然の交通事故で命を奪われたチカちゃん本人も本当に無念の一言だと思います。残されたご両親だってどんなに悔しかったか。

今、自殺や殺人事件など殺伐とした話題が多い世の中。生きたくても生きられなかった人の悔しさ、悲しみ無念など、そして残された家族はもちろん周りの人達の悲しみや悔しさのことを思ったら簡単に「命」を落とすなんて出来ないと思う。

今もときどきだんぼは悩みや苦しいとき一人でお墓に行って愚痴を言っているらしい。

本当は元気なチカちゃんといっぱい話をして笑っていたいだろう。そしてお酒なんかも飲みたかっただろうな。

|

« 疲れた一日 | トップページ | いい夫婦の日なのに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おーぺいこさんおはよう御座います・
娘さんの手術無事終わり、一人で歩けるように
成られた事良かった後は時間が解決して呉れますよ
お友達の チカさん 交通事故で亡くなられたのですか・皆辛かったでしょうね、娘さんの手術チカさんが護って呉れたのだと想います、チカちゃんのお母さんも、気を張り詰めてたものが落ちて、思えば寂しさが沸いてきてどうにも成らなかったのでしょうね
おーぺいこさんも、娘さんの体調が心配でしょうが
頑張って下さいね・・(・。・)

投稿: aki | 2006年11月22日 (水) 08時27分

akiさまこんばんは
娘も1日1日良くなっているようです。ありがとうございます。
娘にとってチカちゃんのことは一生忘れられないことだと思います。チカちゃんの分までがんばらなくっちゃって言ってます。

投稿: おーぺいこ | 2006年11月22日 (水) 23時46分

おーぺいこさん こんばんわ
チカちゃんも親さんも無念でしたね。
なぜ生きたかった子が生きられないで、生きられる子が自殺を選んだりするのでしょう。
親さんもきっと辛かったんでしょうね。でも、なくなった当初よりも段々寂しくなってくるのかも知れません。
命日を覚えていて、思い出してくれるおーぺいこさんやだんぼちゃんの事ときっと見守ってくれているでしょうね。

投稿: マヤmama | 2006年11月23日 (木) 22時02分

マヤmamaさま ありがとうございます
今日も自殺のニュースが取り上げられていました。本当に若い命、まだまだきっと楽しいことがいっぱいあった命。こんなニュースを目にするたびにチカちゃんのことが思い出されます。
自分が100パーセント悪いのなら少しは仕方がないかなと思う部分もありますが、そうではないと本当に悔やまれます。
事故はいつ振りかかるかわかりません。主人も私も子供達にも本当に気をつけなければ。と思う毎日です。

投稿: おーぺいこ | 2006年11月23日 (木) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193662/12773056

この記事へのトラックバック一覧です: チカちゃんの月命日:

« 疲れた一日 | トップページ | いい夫婦の日なのに »