« 今年は早い? | トップページ | おやすみなさい »

介護うつ

先日 介護うつ という言葉を聞いた。

私も母を見ていたとき、多分そうなっていたんだろうな。思い当たる部分が多かった。

私が母を見ていたのはたったの半年。でもそのときは何年もみていたような気になった。確かにデイサービスやショートスティで一時は母と離れられる時間があった。

帰ってくれば全て私が見なくっちゃいけない。言葉は通じないし、言う事は聞かないし。赤ちゃんのように、少しずつでも進歩していくのならまだ我慢できる。でも母はその逆。毎日後退していくほうだった。

少しも目が放せない状態で、買い物に行くのもあわてて出かけてすぐに帰ってくる状態。ストレスはたまりに溜まっていたなあ、あの頃は。こんなのがいつまで続くんだろうって思いながら。母が泣くと私も一緒に泣いたなあ。終わりが見えないって本当につらかった。

唯一のストレス解消が母がいないときに外食に出かけることくらいだった。

うちの母は運がよかったのか特養にすぐに入ることが出来たから、私の介護も短い期間ですんだけど、終わりがない介護って本当に本当につらい。

たとえば骨折をして入院をした、って言うならいつかは治って普通の生活が出来る。いつまでって期限があればまだなんとかがんばろうって思うけど。でも介護って終わりがないんだよね。終わりがあるとしたら…。

介護のつらさってなかなかつらいって言えないことだろうな。

順番やいろんな仕組みでなかなか特養には入れない人がたくさんいるんだろうけど、なんとかならないんだろうか。介護疲れで殺人って言う記事もたまに読むけど、その気持ちわかる気がするから。

政治家の皆さんは家族がそういう状態になっても、多分お金持ちだから特養に入れなくても老人ホームや施設に入れられるかもしれないけど、一般の家ではなかなかそこまで出来る家庭は少ないんじゃないのかな。

世の中からそういう思いや介護うつでホントの病気にならないために、何とかして欲しい。と思う。

|

« 今年は早い? | トップページ | おやすみなさい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おーぺいこさん こんばんは
私は、ラッキーだったのか介護の経験はありません。旦那の親は二人とも介護するまもなく入院後すぐに亡くなってしまいました。
家の親は70を超えましたが、父もまだ会社をやっていますし、母も山歩きをするくらいなので考えてもいませんでした。でも、いつかはかかわらなくっちゃならないものですものね。子供の事だけでも余裕がないのに介護が入ってきたらどうなるんだろう?
精神的に追い込まれちゃうんだろうな…
まず高齢化社会のための福祉の充実を政治家にはお願いしたいですね!!

投稿: マヤmama | 2007年11月10日 (土) 22時52分

私も祖母と1年、一緒に過ごしたのでお気持ちよくわかります。自分の身内がボケるという事を認めなくてはいけない事が、どんなにショックか、一緒に暮らしていると、「もう、死んでしまえば良いのに!」なんて事を思う自分が恐ろしかったり、介護地獄と言うのは体験した人でないとわからないと思いました。その点、母の兄や姉は、一日だって一緒に住まなかったので、いくら口でその大変さを説明してもわからなかっただろうと思うのです。
介護する方も、される方も、大変。特養が良いかと言われたら、そうだとは言えないけど、そういう所へ預かってもらわなければ、実際問題、仕事をしながら介護する事は不可能でしょうね。お金持ちの家だったら、介護してくれる人を雇えるかもしれないけど、普通の家庭ではムリ。そういうことも、政治家にはわからないと思います。
色々家庭によって事情も違うし、これからは少子化でもっと大変な世の中になりそうです。

投稿: グッピーちゃん | 2007年11月11日 (日) 19時56分

おーぺいこさん
今晩は、今は介護と言う言葉が有りますが、私が主人の両親姑の姉私の祖母と平成3~4年に掛けて1年3ヶ月の間に4人のお年寄りが逝ってしまいました、
4人とも順番に私が見る事しか出来ず・・倒れたらとの思いを堪えて頑張りましたそして私がH7年皆の回忌が終ったのちに・鬱に成ってしまいました、よく解らない本当に皆私に任せて、主人の兄弟は庇って呉れませんネ・・とても辛かった・・鬱からの脱出も中々でした
でも1年半で自分を取り戻し叉仕事に戻りました、当たり前と周りに言われました、命の大切さをしっかり
と、見させて頂きました、お金が有れば如何にでも成る、お金で買えないものも有ると思って居ましたが、解ってくれた人が何人いたかしら。

投稿: aki | 2007年11月11日 (日) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年は早い? | トップページ | おやすみなさい »