« 今日は鏡開き | トップページ | 最悪の1日 »

1秒の世界

今夜「1秒の世界」が放送された。

1秒の間にいろいろな物が失われていたり、また生まれていたり。

いろいろ考えさせられたけど、興味深かったのは中米にあるコスタリカとニカラグア。

隣同士の国なのに全く違う道を歩んでいる。片方はいまだ内戦に苦しむニカラグア。もう片方のニカラグアは戦争を放棄し軍隊をなくした、その結果豊かな国として生まれ変わった。

こんなにいいお手本があるのに、世界ではまだ戦争をやめないし、軍事力に力を入れている。

戦争をなくすだけで環境破壊をずいぶん防げるそうだ。世界のあちこちで今すぐに戦争をやめれば南極の氷が溶けるスピードがどれだけ減るのか。どれだけの動物達の命が救われるのか。

この番組を見ながら自分自身は何が出来るんだろうって考えた。使っていないコンセントは抜くとか、食べ物を無駄にしないとか、買い物にはエコバックを必ず持って行こうとか、電気はマメに消すとか、小さい事だけどやらないよりやった方がいいよね。

ただ、戦争って何にもいいことはない。でもこれって私がいくら叫んでもなくならない…かな。

|

« 今日は鏡開き | トップページ | 最悪の1日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私はその番組を見ませんでしたが、今日おーぺいこさんのブログを読んで、考えました。自分にできる事は何だろう?
「知っているを、しているに」というキャッチコピーがありますが、まさにそうですね。知っているだけではダメ。自分で何でも良いから行動しなければ、と再認識しました。

投稿: グッピーちゃん | 2008年1月13日 (日) 21時36分

グッピーちゃん ありがとうございます
知っているだけではダメ、実行しなければ意味がないってことですよね。
ひとりひとり小さなことでもみんなでやれば大きな力になる。
みんなが自分勝手ではなく相手の事を思いやったらきっと素敵な社会になるんでしょうね。

投稿: おーぺいこ | 2008年1月13日 (日) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は鏡開き | トップページ | 最悪の1日 »