« 梅雨入り | トップページ | 月に帰る »

複雑な気持ち

知り合いのわんこが虹の橋へ旅立ったそうです。

骨の病気で3ヶ月と言われてからもう2ヶ月 3ヶ月は持たなかったけど、とっても頑張って生きたそうです。

最後の選択は 安楽死

家族は決断をするのは大変だっただろうし

今頃は苦しさもない世界にいってるんだってわかるけど

ただ、ちょっと複雑 

コロも家に戻ってきたときは意識がなく ただただ荒い息遣いで私達は見守るしかなかった。

痙攣を起こしたときは見ているのがつらくなり、すぐに先生に相談。

そのときも安楽死の選択もあったけど そんなことを考える気はまったくなくって…

それでもコロはそんなに苦しむってことはなかったのかも

だから家族の中では安楽死なんて考えなかった

だけど苦しむ姿を見ていたら  考えたのかなあ?って

            

             

娘の友達がペットの専門学校に行っていた時 育てていたわんこが虹の橋へ旅立ったって話も今日聞いた

     

どの子も今は元気なときの姿で虹の橋にいるんだろうね

     

     

    

コロちゃん たくさんのお友達がそっちに行ったよ

仲良くしててね

|

« 梅雨入り | トップページ | 月に帰る »

ペット」カテゴリの記事

コメント

おーぺいこさん、こんにちはっhappy01
その選択、どんなに辛かった事か・・・down
少し前のテレビで、動物と放せる女性がいて
動く事も満足に出来なくなったワンちゃんの
今の本当の気持ちを読み取っていたんだけど
家族への感謝や、残された犬の心配など
とにかく涙が溢れて止まらなかったですcrying
天国では、楽しい事だけが存在していてほしいですよネッclover

投稿: ななっち | 2009年6月11日 (木) 18時29分

寂しいですねweep
いつかはお別れしなくてはいけない日が来るものだけど、その日を家族が決断するって、悩みますねdespair
1日でも永く、一緒にいたくても、辛そうだったらヤッパ可哀相だし、でも、わんチャンは言葉を話せないから、本人(本犬)は、どーしたいのか解んないから、ホント何が正解かは解らないけど、わんチャンの事を思い下した決断で、わんチャンもきっと、家族の気持ち、解ってくれてるハズだし、高いところからみんなの事を、見守ってくれてる事でしょうねconfidentheart02

投稿: あゆ | 2009年6月11日 (木) 21時25分

ななっちさま ありがとうございます
そのテレビ見てないっけ そんな番組があったんだね。
わんこたちと話が出来たらいいなあって思うんだよね。
めいはどんな風に思ってるんだろうとかお母さんの事大好き?って聞いてみたいし 体調はどうかって聞いてみたいし 
知り合いのわんこも今頃は楽しく過ごしていると信じたいな

投稿: おーぺいこ | 2009年6月11日 (木) 22時44分

あゆさま ありがとうございます
家族の一員だからね 一日でも長く元気でいて欲しいって思うし 一緒に居たいって思うし
だけどその子の苦しむ姿を見たら…
きっと今頃は楽になってみんなを見守ってるって思いたいなあ

投稿: おーぺいこ | 2009年6月11日 (木) 22時51分

おーぺいこさん、お早うございます。
コメントありがとうございます。てるてる坊主、作ってみますね。
人も、動物も生きているもの全て、死は避けられないのですが、
どのようにそのときを迎えるか・・・。永遠のテーマのような気がします。
自分の意思で決められることではない事もあるので、周りに判断が求められます。
人間で言う所の、脳死状態で臓器移植を示唆された時、家族は悩むし、
病気で死を待つだけの人、苦しんでいる姿を見るのもつらいし、本人もつらい。
いっそのこと、死なせてくれと人間は言葉で言えますが、動物は言えない。
選択した結果が、果たして良かったかどうか、ずっと悩み続ける。
答えは出ないと思います。どちらを選択しても「これでよかったのか」と苦しむと思います。
でも、それが人生なのかもしれませんね。

投稿: グッピーちゃん | 2009年6月12日 (金) 07時51分

グッピーちゃん ありがとうございます
めいも人間で言うと72歳のおばあちゃんなのでいろいろ考えてしまいます。
どんな選択をしても後悔ってありますよね
満足することはないだろうな、と思います。
だけど、まだめいには元気でいて欲しい。それだけです!

いいお天気になりますように!てるてる坊主が効くといいけどね。
楽しんでね~(^^)

投稿: おーぺいこ | 2009年6月12日 (金) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨入り | トップページ | 月に帰る »